てりはアルバム

七五三

11月15日に、すみれ組は愛育のお友達と一緒に、高塚神社まで七五三参りに行きました。 緑地にさしかかると途中で風が吹いてきて、木の葉がぱらぱらと降ってきました。「わぁ」と風で飛んでゆく葉を見て喜んでいた子どもたち、とても良い表情でしたよ。 あいたか橋を渡って歩いていると、年長さんが「あそこに鳥がいるよ」と教えてくれました。小さなお友だちも歩きながら、どこかな?という感じで海のほうを見て探していました。 少し慣れてくると歌を口ずさみながら歩く姿もみられましたよ。 神社では、手を合わせお辞儀をして「元気に大きくなりますように」とお参りをしてきました。 鳥居のところで記念撮影もしましたよ。 雨上がりの水溜りをよけながら帰りも一生懸命歩いた子どもたち。がんばれ、がんばって、の応援に答えるように、いつもの散歩コースよりも長い距離を歩ききりました。

園外保育

11月11日に2歳児すみれ組さんは園外保育に行きました。 11月は行事の多いすみれ組ですが、この日は全員揃って園外保育に行くことが出来ました。 先日の芋ほりが天気の心配があり、十分に活動出来なかったので、もう一度芋畑に行って芋を触ったり、散歩をしたりして、楽しみました。たくさん歩いた後、グリッピの公園内の芝生でお弁当を食べました。 お弁当を食べている時間は、「おいし~!おいし~!」と何度も言いながら食べる子どもたち。 見ている私たちも幸せな気分になりました。いつもと違う環境は、子どもたちにとってもワクワクで本当に楽しかったようです。 お弁当を食べた後は、グリッピの公園の芝生で寝転がったり、かけっこをしたりして、たくさん体を動かしました。芝生の上はとても気持ちよく、青空の下でお日様のエネルギーをたくさんもらった一日でした。

芋ほり

11月8日、すみれ組の子どもたちがコミュニティーガーデンに芋ほりに行きました。 朝から小雨が降ったりやんだりしていたので、芋ほりに行くことを迷っていましたが、雨も止んだので、思い切って畑に出かけました。 畑では、芋づるや葉っぱを触ったり、匂いをかいだりすると、「わあ~、すご~い」と子どもたちから歓声が上がりました。お友だちと一緒に「うんとこしょ、どっこいしょ」と引っ張り、大きなお芋を堀りました。 掘ってきたお芋は、早速その日のうちに給食の先生に焼き芋にしてもらい、美味しくいただきました。

ハロウィン

10月31日のハロウィンに向けて、今年は園内でジャック・オ・ランタンを作ったり、製作をしたりしてイベントを楽しみました。 大きなかぼちゃを頂いたので、子どもたちと一緒に中をくり抜きます。 初めて見る大きなかぼちゃに子どもたちは「大きいね~」「これ何?」と興味津々の様子でした。 かぼちゃの上を切り、中の種を取ります。 何が出てくるのかと、おそるおそるかぼちゃの近くに行った子もいましたが、中を覗き込んだり、実際に触ったり、種を一緒にとってみたりしました。 たんぽぽ組(0歳児)のお友達も中を覗いてみましたよ。 出来上がったジャック・オ・ランタンと一緒に記念撮影。 入り口に飾っていると、みんな朝・夕と「かぼちゃん」と呼びながら、「バイバーイ」と言うなど、喜んでいました。 そして、10月31日には、特別メニューの給食でした。ハロウィンカレー、コンソメスープ、マセドアンサラダ、オレンジゼリー。そしておやつはハロウィクッキー。どれも可愛くて大喜びでよく食べた子どもたちでした。