てりはアルバム

節分製作

1月下旬、節分に向けて鬼のお面製作をしました。 たんぽぽ組・さくら組は、両面テープが貼ってある鬼の髪の毛の所に、花紙を丸めてのせていき、とてもカラフルな髪の毛のお面が出来あがりました。 すみれ組は、顔と髪の毛の土台だけ貼ってあるお面に、自分たちで目・鼻・口・髪の毛・角を糊づけしました。 保育士が前で見本を見せて説明をすると、ドキドキした表情で何をするのか見つめています。 みんな真剣な表情で、1つずつパーツを糊づけしています。 髪の毛の毛糸も、1本ずつ手に取り、丁寧に貼っていました。 素敵な鬼のお面ができあがりました。

発表会

1月27日(土)に、愛育子どもの家・てりは子どもの家の合同発表会が行われました。 今年の発表会は運動会と同じ、照葉小中学校の体育館でしたが、前回とはまた違った雰囲気や広い会場、ステージに緊張した表情の子どもたちもいました。 プログラム1番の合唱では、すみれ組のお友だちも一緒にみんなが大好きな「キラキラ星」を歌いました。 大きく口を開けて元気よく歌うことができましたね。 プログラム2番は、たんぽぽ・さくら組による「できるよできる」です。 かわいいピンクと黄色のお花を両腕につけて、様々な動物になりきって踊りました。 子どもたちもお父さん、お母さんと触れ合いながらとても嬉しそうでした。 プログラム3番は、すみれ組によるオペレッタ「はらぺこあおむし」です。 りんご、なし、すもも、オレンジ、いちご、5種類の果物の中から自分たちの好きな果物を選び、かわいいお面と衣装を身につけ歌ったり、踊ったりと楽しみました。 大きなステージにも負けず、立派な姿をたくさん見ることができました。 プログラム4番の保護者有志による歌では「世界に一つだけの花」を歌いました。 たくさんの保護者の方と子どもたちに出演してもらい素敵な合唱になりました。 他にも、職員の出し物のラインダンス「おどるポンポコリン」や 愛育子どもの家のもも・ばら・ひまわり組によるオペレッタ「ブレーメンの音楽隊」がありました。 途中プログラムの変更もありましたが、子どもたち、そして保護者のみなさんのご協力のおかげで今年も発表会を無事終えることができました。 寒い中ではありましたが、子どもたちのかわいい姿、成長した姿に心温まる発表会になりました。

誕生会

1月26日、一日早い すみれ組のKちゃんの誕生会をしました。 今年度、てりはのお友だちで誕生日を迎えるのはKちゃんで最後になりました。 誕生席に座るなり「メダルは?」と自分で選んだ青色のメダルをもらえるのを とても楽しみにしていました。 何のケーキを食べるのか尋ねると「いちごのケーキ!」と 元気に答えてくれたKちゃんはお喋りが大好きです。 “~なのよ”といつも可愛くお話を聞かせてくれます。 これからもまたいろんなお話を聞かせてくださいね。

七草

1月5日、少し早いですが七草の紹介をしました。 本物の七草に興味津々の子どもたち 写真と本物の七草を見比べて、一つひとつ名前を確認しました。 この七草は、おやつで七草がゆにしておいしく食べました。 みんなが病気なく元気に過ごせますように☆

2018年

あけましておめでとうございます。 2018年1月4日。 今日からまた保育園に明るい子どもたちの声と笑顔が溢れています。 久しぶりの登園でしたが、いつもと変わらず元気に挨拶をしてきてくれた子どもたちに 私たちも安心しました。 今年も、子どもたちと毎日笑顔で、元気いっぱい過ごしていきたいと思います。 1月、2月、3月は、どうしても慌ただしく過ぎてしまいがちですが、このメンバーで過ごせるのも残り3ヶ月です。 1日1日を大切に、たくさん思い出を作っていきたいと思います。 そして、3月にてりは子どもの家を巣立っていくお友だち、来年も継続しててりはで過ごすお友だち、それぞれ一人ひとりが安心して4月1日を迎えることが出来るように、職員一同心をこめて準備していきます。 今年もよろしくお願いいたします。