top of page

すみれ組のクッキング


みんなでゼリーを作りました。

お玉でゼリー液をすくってカップに入れるため、水遊びの時にお玉とカップを持ち練習をしました。水遊びの中での練習でしたが、みんな水を落とさないようにと慎重にカップに入れていましたよ。

本番もバッチリ!のすみれ組さんの練習風景です。



クッキング当日は「ポコポコゼリー」の絵本を読むと、初めて見る絵本に真剣に見ていました。

どんな色のゼリーがあるかな?どんな味のゼリーかな?と考えながら絵本を見ていたようです。

クッキングのゼリーは何の味かな?と、みんなで考えながら給食の先生に聞いてみよう!と

「今日のゼリーは何ですか?」と質問していました。

果物は桃とパイナップルで、オレンジの味のゼリーですよ・・・と聞くと、「えーっ」と

目が輝いて喜ぶ姿も見られました。

寒天のゼリーなので、寒天って何だろう?と棒寒天や粉寒天、寒天の原料の天草など海藻の写真を見ながら実際の寒天の感触などに触れていましたよ。

ゼリー液を入れる時は、みんな少し緊張気味で先生に手を添えてもらったりしながらカップの中にゼリー液を入れていました。

「どのくらい入れればいいのかな?」と保育士と一緒に考えながら、子どもたちは自分の好きな量を入れていましたよ。



給食の時にゼリーを出してもらい、プルプルに固まった自分たちで作ったゼリーに大喜びでした。

いつもは給食があまり進まない子も、自分で作ったゼリーが食べられると分かると給食もどんどん進んでいました。

今回、初めてのクッキングでしたがスプーンやお玉も上手に使い、慎重にカップに入れてと保育士が子どもたちの姿に驚きを感じました。

ご家庭でも簡単なお手伝いを試してみてください。

子どもたちの意欲も高まり、いつもより食事もモリモリ食べてくれますよ!



閲覧数:46回

Comments


bottom of page