プログラム作り

 発表会のプログラム作りを行いました。今回は雪だるまの顔や体の装飾をしました。

たんぽぽ・さくら組は、シールの目と鼻を貼り身体に綿を付けました。シールを台紙から剥がすのは、指先で上手くつまめず難しかったので、保育士と一緒に行いました。綿は握ったりちぎったりして感触を楽しみ、「フワフワ~」と言う子もいました。













すみれ組は顔のパーツをシールで貼り、帽子と手をのりで貼り身体は花紙で飾り付けました。見本を見ながら目や鼻の場所を確認したり、帽子や手の場所は自由自在に貼って個性あふれる作品になりました。花紙を準備すると「きれい!」と言って嬉しそうに貼っていました。














           プログラムは1月に持って帰りますので、お楽しみに!!


28回の閲覧
タグ
まだタグはありません。