クッキング保育

2歳児すみれ組のお友だちが、初めてのクッキング保育でおにぎりを作りました。

お米の状態から見せてもらい、興味津々な子どもたち。

普段見る機会の少ないお米を見て、初めて「お米」というものを知った様子の子や、おうちで洗っている様子を見たことがある子もいました。

次に、お米を洗いました。

水に手を付けようとしなかったり、おそるおそる手を入れる子もいましたが、給食の先生に手を添えてもらうことで、全員しっかりお米を洗い、計量したお水も子どもたちが入れました。

いよいよお米が炊きあがり、見せてもらうと「わぁっ」という歓声が。

いつも見ているはずのご飯ですが、お米から見たり、洗ったりしたことで、子どもたちには特別なご飯に見えたようです。

ラップにくるんで一人ひとりおにぎりを握りました。

しっかり冷ましてあったので、「熱い」という子はいませんでしたが、戸惑いながらもみんな大事そうにご飯を握っていました。

ふりかけも自分たちでかけて、一人3つずつ、特別なおにぎりの完成です!!

いよいよお給食。

自分が握ったおにぎりが机に並ぶと、子どもたちは目を輝かせて、得意げに「〇〇くんが作ったよ」「〇〇ちゃんが作ったおにぎり」と教えてくれます。

「いただきます」をするとほとんどの子が一番におにぎりを頬張り、「美味しい!」と一言。

美味しそうに大きな口を開けて食べ、「美味しい」という子どもたちの笑顔を見て、今日のクッキング保育は大成功でした。

56回の閲覧
タグ
まだタグはありません。