クッキング保育②

2歳児すみれ組さんが、2回目のクッキング保育をし、クッキーを作りました。

まずは、給食の先生に材料を見せてもらいました。

各材料の名前を教えてもらい、混ぜるところまで見せてもらうと、歓声を上げて見つめていました。

次は子どもたちの番です。

丸い塊の生地を、保育士と一緒に順番に麺棒で伸ばしていきます。

初めて生地に触り、プニプニ押したりして感触を楽しみました。お友だちがしているときにも、じっと見つめ応援していましたよ。

いよいよ型抜きに挑戦です!

一人ひとり少しずつ生地を分けてもらい、クッキーの生地から型抜きをしていきます。

ハート、星、クマなどの型抜きから自分で好きな型を、その都度選びながら、楽しんで型抜きしていました。

最後少しになった生地も、クルクルと丸めて、丸いクッキーにしました。

型抜きしたクッキーは、名前の書かれたクッキングシートの上に並べ、それぞれが型抜きしたものがわかるようにしてもらい、満足そうな表情で焼かれる前のクッキーを見つめていました。

そして、焼きあがったクッキーは、焼き立てを給食の時に、それ以外はおやつの時に食べさせてもらいました。

自分で型抜きしたクッキーを、「お星さまのクッキー、作ったね。」と言いながら嬉しそうに食べていました。

0・1歳児も同じクッキーをおやつでもらい、型抜きの時から興味津々で見ていたお友だちも、嬉しそうに食べていました。

2回目のクッキングも大喜びのうちに終わり、また次回を楽しみにする子どもたちでした。

4回の閲覧
タグ
まだタグはありません。