top of page

七五三

11月15日に七五三のお参りを保育園で行いました。


今年は壁面に、子どもたちが製作したどんぐりの木と、手作りのてりは神社の鳥居を飾りました。

七五三の絵本を読んだ後、手作りのお賽銭を一人ずつお賽銭箱に入れ、お参りもしました。ピカピカのお賽銭を手にすると、嬉しそうに見つめる子どもたちの笑顔が印象的でした。

お賽銭を入れた後は、パンパン!と手を合わせ、「げんきにおおきくなりますように」とてりは神社にお願いをしましたよ。

























2歳児のすみれ組さんには、千歳飴のプレゼントもありました。

千歳飴袋は子どもたちの手作りです。今年は縁起物の鶴と亀を作りました。鶴は子どもたちの手形を、亀の甲羅は折り紙をちぎってのり貼りしました。そして、袋にはハサミで切った折り紙を貼りました。たくさんの工程があり苦戦するところもありましたが、みんな楽しんで製作することができていましたよ。

お迎えの際、みんな嬉しそうにお母さんお父さんに報告をし、そして大事そうに千歳飴を持って帰っていました(^_^)


これからも子どもたちの健やかな成長を願うと共に、子どもたちの成長を保護者の方と一緒に見守っていけたらと思います。

子どもたちが、これからも元気に大きくなりますように☆





閲覧数:35回
bottom of page