壁面(梅雨)

壁面を梅雨をテーマにした作品に模様替えしました。

カタツムリやカエルのお絵描きと、タンポ遊びをした作品を紫陽花に仕上げました。

カタツムリやカエルのお絵描きでは、それぞれ好きな絵と好きな色の画用紙を選び、好きな色のクレヨンで自由に描いていました。

左右に手を動かして線状に描く子や、円錯のなぐり描きをする子など、それぞれの月齢や経験に応じた作品が仕上がりました。

タンポ遊びでは、今年初めての取り組みだったので、初めて経験する子もいましたが、保育士が手本を見せると、自ら絵の具をつけて、ポンポンと画用紙にスタンプしていました。

赤と青と白の具を用意していたので、それぞれに色を付けていくと、スタンプするたびに色が変わっていく様子も楽しんでいました。

出来上がった絵の具の作品に葉っぱを付けて紫陽花に仕上げ、その紫陽花とカエルやカタツムリを飾ると、子どもたちはすぐに気が付き「可愛い!」という声や「これ○○ちゃんの!」と自分の作品を見つけたりと、喜んでいます。

みんな、どちらの作品も取り組んだのですが、今回は1歳児さくら組さんはお絵描きを、2歳児すみれ組さんはタンポの作品を飾りました。

23回の閲覧
タグ
まだタグはありません。