発表会

1月27日(土)に、愛育子どもの家・てりは子どもの家の合同発表会が行われました。

今年の発表会は運動会と同じ、照葉小中学校の体育館でしたが、前回とはまた違った雰囲気や広い会場、ステージに緊張した表情の子どもたちもいました。

プログラム1番の合唱では、すみれ組のお友だちも一緒にみんなが大好きな「キラキラ星」を歌いました。

大きく口を開けて元気よく歌うことができましたね。

プログラム2番は、たんぽぽ・さくら組による「できるよできる」です。

かわいいピンクと黄色のお花を両腕につけて、様々な動物になりきって踊りました。

子どもたちもお父さん、お母さんと触れ合いながらとても嬉しそうでした。

プログラム3番は、すみれ組によるオペレッタ「はらぺこあおむし」です。

りんご、なし、すもも、オレンジ、いちご、5種類の果物の中から自分たちの好きな果物を選び、かわいいお面と衣装を身につけ歌ったり、踊ったりと楽しみました。

大きなステージにも負けず、立派な姿をたくさん見ることができました。

プログラム4番の保護者有志による歌では「世界に一つだけの花」を歌いました。

たくさんの保護者の方と子どもたちに出演してもらい素敵な合唱になりました。

他にも、職員の出し物のラインダンス「おどるポンポコリン」や

愛育子どもの家のもも・ばら・ひまわり組によるオペレッタ「ブレーメンの音楽隊」がありました。

途中プログラムの変更もありましたが、子どもたち、そして保護者のみなさんのご協力のおかげで今年も発表会を無事終えることができました。

寒い中ではありましたが、子どもたちのかわいい姿、成長した姿に心温まる発表会になりました。

ありがとうございました。

36回の閲覧
タグ
まだタグはありません。